健康食品の表示を細かくチェック

成分はキチンと表示してある?

健康食品成分表示は曖昧なものも多数あります。

○○○エキス」入りと書いてあっても、どのくらいの量の○○○から、どのような方法でエキスを抽出したか表示していない製品は、効果はもとより安全性にも問題があるかもしれません。

また、さまざまな成分が入っている場合は、それぞれの成分がお互いに悪影響を及ぼしている可能性も排除できません。

その点まで配慮して製造された食品なのかどうか確認したほうが安全です。

成分量表示がない! 本当に大丈夫?

成分量が表示されていない健康食品も要注意です。

同じ成分であっても、摂取する量がちがえば効果や安全性も異なってきます。

製造過程での品質管理ずさんな可能性も考えられます。注意して選びましょう。

取り扱い業者情報の表示もきちんとチェック!

食品表示法によって、製造者販売者などの表示義務付けられています。

疑問があった時、トラブルがあった時の問い合わせができるように確認しておきましょう。

海外健康食品の個人輸入、無承認無許可医薬品にも要注意!

インターネットで海外から個人輸入、お土産の健康食品も慎重に

インターネットを使えば海外から健康食品も簡単に輸入できます。

また海外旅行お土産に健康食品を持ち帰るなんて人もいるかもしれません。

日本の法律外で製造・流通しているものですから、安全性も保証されているとは限らないですよね。

食品ではないですが、海外から個人輸入した医薬品等は「医薬品副作用被害救済制度」が適用されません

副作用によって健康被害がでたときにも、救済されずに医療費給付されないので、注意してください。

健康食品に薬の成分!それって違法品ですよね。

食品といいながら、薬の成分が混じっている製品もあります。無承認無許可医薬品といいます。

成分によっては重篤な健康被害が生じる可能性もあります。

死亡例もあるので、充分に注意してください。

といっても、素人にはなかなか見分けるのがむずかしいですよね。

厚生労働省の公式ホームページでは、無承認無許可医薬品健康食品被害情報を掲載しています。

怪しいと思ったら確認してみてください。

ネットやテレビCMの情報、そのまま信じて大丈夫?

インターネットの普及によって、いろいろな情報が簡単に手に入りやすくなりました。

しかし、ネットの情報は玉石混合

なかには、役に立たないどころか有害な情報もありますよね。

健康に関する事柄だけに、健康食品などの情報はできるだけ信頼の置ける公的機関病院などの専門家の情報をチェックしておきたいものですね。