健康食品は、健康の維持・増進に役立つ食品

健康食品・サプリメント健康食品ってテレビCMや雑誌でよく目にする言葉ですよね。
健康に良さそうな食品をイメージする人が多いと思います。

でも健康食品というのはあくまでも一般的な呼び方であって、特に法律で厳密に決められた名称ではないんですね。

ひろく健康を維持して増進に役立つ食べ物をいうんです。

考えてみれば、卵・魚・肉も野菜も普通にバランスよく摂取していれば、みんな健康に有用な食品ではないでしょうか。

有害なものを除いては食品全般が健康食品といえなくもないですよね。

もっとも、有害のものは常識的にいって、食品とはいわないでしょうけど。

健康食品好きなら理解しておきたい、保健機能食品制度

健康食品が一般的な名称であるのに対して、安全性有効性基準を定めた制度が保健機能食品制度です。

保健機能食品制度の基準を満たしている、あるいは国が個別に認めた食品を保健機能食品といいます。

健康上の特定目的に有用な食品は機能を表示できます。

脂肪の吸収を抑える」、「お腹の調子を整える」などです。

また、栄養成分機能表示することもできます。栄養成分の種類と基準は国によって定められています。

保健機能食品制度で定められた食品(保健機能食品)は次の3つのタイプがあります。

トクホ(特定保健用食品)

栄養機能食品

機能性表示食品

保健機能食品制度に関する業務は、もともとは厚生労働省が所管していましたが、平成21年9月からは消費者庁に移されました。

保健機能食品制度のエース! トクホ(特定保健用食品)

保健機能食品制度で定められた3つのタイプの食品のなかで、もっとも厳格な基準と手続きをクリアしたのが、トクホ(特定保健用食品)です。

科学的根拠に基づいて、健康の維持・増進についての効果が認められたものです。

その効果安全性については国が審査をおこない、消費者庁長官によって個別許可されます。

商品ごとに個別に許可されるのは保健機能食品のなかでもトクホだけ

だから、トクホの商品はテレビCMなんかでも積極的に「トクホ」をアピールしていますよね。

脂肪の吸収を抑える」、「コレステロールの吸収をおだやかにする」などの、その食品の機能表示できます。

不足しがちの栄養分を補うのが栄養機能食品

ビタミンやミネラルなど、不足しがちな栄養成分を補う目的で摂取するのが栄養機能食品です。

科学的根拠が立証された栄養成分を一定の基準量を含む食品であれば、届け出なしで栄養成分の機能表示できます。

ただし、表現は国によって定められています。

平成27年登場、機能性表示食品

機能性を表示できる食品はトクホだけであったたため、消費者の選択肢は限られていました。

そこで、機能性を表示する食品の選択肢を広げるために、平成27年4月から登場したのが、機能性表示食品です。

販売前に安全性機能性根拠消費者庁提出する必要があります。

科学的根拠について国が審査するわけではありません

あくまでも、事業者の責任において機能性を表示した食品です。