GMPマークで健康食品の品質を確認

あまり有名ではないですが、GMPマークというのをご存知でしょうか。

健康食品をよく利用される人は見たことが多いかもしれません。

GMP(Good Manufacturing Practice)は適正製造規範と訳されています。

ちょっと堅苦しい日本語ですね。

GMPは製品が一定の品質を保って、安全製造されているかを管理するための製造工程管理基準です。

原材料の搬入製造工程出荷までのプロセスをチェックしています。

GMPの基準を満たしている工場製造された商品にはGMPマークが付いています。

したがって、製品の品質安全性を管理するものであって、健康食品の効果や機能性を保証するものではありません。

なぜGMPマークが必要なのか?

健康食品を製造する際は、さまざまな成分混合され、濃縮されます。そのため製品に含まれる成分量にバラつきが生じかねません。

また品質管理が杜撰不衛生な工場であったりすれば、有害物質が混入する危険性もあります。

このような事態を未然に防止するために、GMPが導入されています。

GMPはどんなルールにしたがって、誰が審査しているの?

健康食品の場合、厚生労働省の「健康食品GMPガイドライン」にしたがって審査がおこなわれています。

2つの第三者機関審査査察を実施しています。

公益財団法人 「日本健康・栄養食品協会

一般社団法人 「日本健康食品規格協会(JHFS)

GMP認定工場の品質管理はこんなとこともチェック

GMP認定工場では以下のようなチェックがおこなわれています。

・原材料は正しいか。製品に正確に含まれているか。

・工場や従業員は衛生的か。衛生的な環境で製造されているのか。

・製品は本来の設計通りに製造されているか

・製品は均質に製造されているか。

・賞味期限の品質は保証されているか。

・品質管理のチェック体制は充分か。

健康食品。イメージだけでなくGMPマークで選ぶのが安心

健康食品の場合は、カプセルや錠剤タイプのことも多いですよね。

成分が濃縮されているため、製造工程で有害物質が混入する危険性もあります。

テレビCMなどのイメージだけでなく、キチンとした工場で製造されたものを選びたいですよね。

厚生労働省のガイドラインに則って、第三者機関が公平に審査・査察した製品を選べるGMPマーク。

健康食品を選ぶためのガイドになりますね。

健康や美容に関心のある人の心強い味方になりそうです。