身体の中でカルシウムってどんな働きしているの?

人間の身体の維持・健康にとって大切なミネラルといったらカルシウムを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

カルシウム豊富食材

歯や骨といった人体には欠かせない栄養素ですものね。

事実、人間の身体の中に最も多いミネラルがカルシウムなんです。

体重の2%ほどといわれています。

意外と少ない感じです。

人体のカルシウムの99%に含まれています。

残りの1%は血液中に存在しています。

このわずか1%のカルシウムは

筋肉の収縮・伸長、酵素反応、ホルモンの放出

などの重要な役割を果たしています。

カルシウムが健康に与える影響は?

カルシウム不足によって引き起こされる可能性のある症状

骨粗しょう症や軟骨の変形などのほか

高血圧・動脈硬化・糖尿病・腫瘍など

サプリメントでのカルシウム過剰摂取に注意

通常の食事でカルシウムの含まれる食材を多量に食べても健康障害につながる可能性は低いと考えられています。

しかし、サプリメントなどで過剰摂取した場合に結石などの健康障害を引き起こすことが知られています。

ほかのミネラルの吸収を妨げることもあるので、カルシウムの摂取にはほかのミネラルとのバランスを考える必要があります。

カルシウムってどのくらい摂ればいいの?

厚生労働省の発表している

カルシウムの食事摂取基準(mg/日)

は次のとおりです。

カルシウムの食事摂取基準(mg/日)

性 別 男 性 女 性
年 齢(歳) 推奨量 推奨量
8 〜 9 650 750
10 〜 11 700 750
12 〜 14 1,000 800
15 〜 17 800 650
18 〜 29 800 650
30 〜 49 650 650
50 〜 69 700 650
70以上 700 650 

 

記事作成にあたっては下記の資料を参考にしています。

厚生労働省

「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf