肥満やメタボ対策は生活改善が基本。機能性表示食品利用で効率的に!

体重体脂肪健康上も見た目でも多くの人が気になるところですよね。

欺瞞・脂肪が気になる

お腹がたるんで、あきらかに肥満という人でなくても、内臓脂肪なんてやっかいなものもありますし。

肥満やメタボが気になる場合は、食生活の見直し・適度な運動規則正しい生活を送ることが基本

そんなことは多くの人がご存知だと思いますが、忙しい現代人にはなかなか実践がむずかしいことではあります。

効率的な体重・体脂肪対策をとるために、生活の改善とともに、健康食品を検討される方が多いのではないでしょうか。

どうせ、選ぶなら機能性が認められている機能性表示食品から選びたいですよね。

肥満の国際基準 BMI (Body Mass Index)って?

肥満を判定する基準として、BMIがあります。

世界保健機関(WHO)が定めた指標で、国際的に利用されています。

BMIの計算式は以下のとおりです。

BMI = 体重(kg) ÷ { 身長(m) × 身長(m) }

身長はセンチメートルではなくメートルで表すので注意してくださいね。

ただし、肥満の判定基準は国によって異なるので注意してください。

日本では、日本肥満学会の判定基準を使うのが一般的です。

BMI 判定基準 ( 出典:日本肥満学会 )
18.5未満 低体重
18.5 〜 25未満 普通体重
25以上 肥満 

内脂サポート約30日分1,500円(税込)

ファンケル内脂サポート。どうやって肥満に機能するの?

ファンケル内脂サポートには3つの機能性成分が含まれています。

・ビフィズス菌BB536(B.longum)

・B-3(B.breve)

・N-アセチルグルコサミン

3つの成分が腸内環境を良好にするという機能が報告されています。

その結果、エネルギーの蓄積・消費を整える機能がある短鎖脂肪酸が増加して、体重・体脂肪の低下が見込まれるんです。

ファンケル内脂サポートはお腹の脂肪・皮下脂肪に効果!臨床試験済

ファンケル内脂サポートは臨床試験済

50〜69歳軽度肥満(BMI:25〜30未満)の男女が対象です。

24週間に渡って、生活習慣・食習慣を変えないで臨床試験をしたところ・・・。

1.お腹の脂肪面積が低下
ファンケル内脂サポートを利用した人は、機能性関与成分なしの人に比べて、お腹の脂肪面積が低下。

その差はなんと23.8平方cm

2.皮下脂肪面積が低下

皮下脂肪面積も臨床試験で低下がみとめられました。

同様に、皮下脂肪面積の差は15.6平方cmもあったんです。

ファンケル内脂サポート。通販しかも初回限定の特別価格!

臨床試験済みの機能性表示食品、ファンケル内脂サポートが特別価格。

通常価格3,888円がなんと1,500円なんです。

もちろん送料無料

1,500円ファンケル内脂サポート約30日分が試せます。

お一人さま1回1個限りだから、しっかり効果を試してくださいね。

購入後、初めてメルマガ登録すると、ネットクーポン300円分もらえます。

機能性表示食品・ファンケル内脂サポートの届出表示 【届出番号:B330】

本品には生きたビフィズス菌BB536(B.longum)・B-3(B.breve)、およびN-アセチルグルコサミンが含まれます。
ビフィズス菌BB536(B.longum)・B-3(B.breve)、およびN-アセチルグルコサミンには腸内環境を良好にし、体重・体脂肪を減らすことで高めのBMIを改善する機能が報告されています。